【初心者向け】FX自動売買とは?おすすめ口座を種類別に紹介!

FXには、自分で売買のタイミングを決める「裁量トレード」のほかに、プログラムに任せて運用する「自動売買」があります。

自動売買には裁量トレードにはないメリットも多いので、興味のある人も多いのではないでしょうか。この記事では、初心者向けの自動売買に関する基礎知識始め方、おすすめFX口座について解説します。

FXの自動売買とはどういう資産運用か

ツールにより売買が完全に自動化される

自動売買とは、文字通りツールを使って売買を自動化したFXの資産運用のことです。エントリーから決済まで一連の流れを機械がやってくれるため、投資家が相場に張り付いて注文を出す必要はありません

ちなみに自動売買の対義語は、その場の判断で投資家が臨機応変に注文を出す、「裁量トレード」です。

資金管理と売買ロジックの取捨選択は投資家が行う

自動売買のトレードは自動化されていますが、完全にほったらかしにして自動的にお金が儲かるようなものではありません

  • どういった売買ロジックを採用するか
  • どういった売買ロジックを組み合わせるか
  • どんな資金管理で運用するか
  • いつ始めて、いつ終わるか

といった部分は投資家が決めなければならず、この判断によって勝敗は分かれます。トレードの実行は自動でも、その戦略や方針は投資家次第といえます。

FXの自動売買は大きく分けて2×2の4種類!

取引ルールが公開されている 取引ルールが公開されていない
証券会社のサーバで稼働 リピート系自動売買
  • トラリピ(マネースクエア)
  • トライオートFX(インヴァスト証券)
  • ループイフダン(アイネット証券、ひまわり証券)
  • iサイクル2取引(外為オンライン)
  • トラッキングトレード(FXブロードネット)
  • みんなのシストレ内のみんなのリピート(トレイダーズ証券)
  • ちょいトレFX(FXプライム by GMO)
プログラム系自動売買
  • みんなのシストレ(トレイダーズ証券)
  • セントラルミラートレーダー(セントラル短資FX)
投資家のパソコンで稼働 ほとんどありません MT4を用いたEA運用
(VPSを使えばサーバでの稼働も可能)

証券会社のサーバで稼働(初心者におすすめ)

投資家のパソコンやスマートフォンを動かしていなくても、自動売買が止まることはありません。FX会社固有の自動売買はこの形態になります。

「投資家のパソコンで稼働するタイプ」よりはハードルが低いので、自動売買を始めてみたい初心者にはまずこのタイプがおすすめといえるでしょう。

会社 特徴 公式サイト
取引ルールが公開 リピート系の元祖であり学習コンテンツも豊富
インヴァスト証券ロゴ 過去のデータを使ったシミュレーションが可能
アイネット証券 設定の選択肢が狭く選ぶだけで自動売買が始められる
取引ルールが非公開 トレーダーを選ぶだけで自動売買が始められる

投資家のパソコンで稼働

自動売買がどのようなルールでトレードをし、どういった資金管理で運用するかが、投資家側が全て把握している、自分で決定するタイプの自動売買です。リピート系と呼ばれるタイプが該当します。

取引ルールが公開されていない

MT4のEAのほとんどはこのタイプです。売買ロジック自体が商品であり、企業秘密なので、バックテストや実運用で得られる取引データから、後追いで自動売買のタイプを推測することしかできません。

どちらかというと、デイトレードやスキャルピングなど、短いサイクルでどんどんトレードをするタイプが多いです。

リピート系自動売買の種類と特徴、注意点

リピート系自動売買全体の特徴

リピート系自動売買全体の特徴

買いの場合、広い範囲に「新規買い→上昇したら利益確定」という注文を仕掛けます。

このそれぞれの注文は、利益確定までが完了したら同じ価格に再セットされるため、注文が仕掛けられている価格帯の中の値動きが続くだけ、利益確定も何度も繰り返されます。よって、レンジ相場(一定の変動幅の中で値動きしている相場)に向いています

このように相場の上げ下げをピンポイントで読むのではなく、値動きの上限と下限を想定することで、利益蓄積を狙うのがリピート系自動売買の基本的な発想になります。

売買のコツ

リピート系では、「想定している範囲内の全部の注文が約定した場合の最大の含み損」を事前に把握した上で運用をスタートするのが基本です。

これはつまり想定範囲内から価格が飛び出さない限り、最大リスクも想定内に収まるということですから、これをベースに必要な資金が決まっていきます

想定範囲内から価格が飛び出さなければ、次第に利益も貯まるため、もともと決まっている最大含み損以上の確定益を得ることで、そのリピート系運用はプラス収支が約束されます。

ということは、できるだけ長く運用を続ける=逆行し続けて強制ロスカットにならないことが最重要であり、十分すぎるほど資金を用意する必要があります。具体的にはその通貨ペアの史上最安値(米ドル/円なら75円台)を割り込んでも、なお運用が破綻しない資金設定でトレードをするのが理想です

おすすめのリピート系自動売買を紹介

FX会社ではどのようなツールを提供しているのか、ピックアップしてご紹介します。

トラリピ(マネースクエア)

トラリピ

リピート系の元祖で、トラリピ以降に登場したリピート系は、すべてトラリピの仕組みを多かれ少なかれ踏襲しています。

リピート系として必要な機能はあらかた揃っており、自由度の高い自動売買が実行できるプラットフォームが提供されています。

また、学習系のコンテンツやニュースも非常に豊富で、資産運用をしながらFXの知識を身に付けたい人にうってつけの商品といえます

トライオートFX(インヴァスト証券)

トライオートFX

トラリピに負けず劣らず、自由にリピート系自動売買が構築できます。

トライオートFXの一番の特徴は、過去のデータを用いたシミュレーション機能です。最初から用意されているプリセット、あるいは自分のオリジナルの設定が、実際にどれくらい利益が出たか、どれくらいドローダウン(資産が減少)したか、資金はどれくらい必要だったかがすぐに確かめられます。

このシミュレーション機能は、複数の自動売買を組み合わせた場合でも有効なので、安定して利益が出ていて、なおかつドローダウンが少ない有効な組み合わせを見つけることも可能です

また、同じ仕組みでFXだけでなくETFも運用できる点もポイントです。ETFとは上場型投資信託のことで、日本や米国の平均株価、原由、金など、幅広い資産でリピート系自動売買が行えます。

ループイフダン(アイネット証券)

ループイフダン

ループイフダンは、トラリピやトライオートFXと比較して、設定の選択肢が狭く、その分選ぶだけですぐに始められるメリットがあります。そういう意味で、初心者でも設定に迷いにくいリピート系といえます

通貨ペア、買いor売りの方向性、取引ロット、利益確定と新規建ての値幅を、もともと用意されている中から選ぶだけで、すぐに自動売買をスタートできます。

公式サイトへ

プログラム系自動売買の種類と特徴、注意点

プログラム系自動売買全体の特徴

どういうタイミングでポジションを持ち、どういう条件でそのポジションをクローズしているかが非公開です。そのためうまくいっているときの勝因、うまくいっていないときの敗因は、はっきり分かりません。

よって、見えない部分を、データから補って売買戦略を立てる独自のスキルが求められます

また、リピート系と比較して、選択肢が圧倒的に多い点も特徴です。運用するロジックを選ぶ目利き力も問われます

売買のコツ

バックテスト結果から、どういうタイプの取引をしているかを見極める能力が問われます。土台になるデータを解説しましょう。

勝率

全トレードのうち、プラス収支で終わるトレードの割合です。もちろん高い方が勝ちトレード回数が多く有利です。ただし、+0.1pipsというようなほとんどプラマイゼロの結果でも、勝ちにカウントされます。

勝率だけで判断するのは危険で、損益比率と合わせて見ることが大切です

損益比率

「リスクリワードレシオ」とも呼ばれる、勝つ場合の利益と、負ける場合の損益の比率です。平均利益÷平均損失で求められ、勝ち平均が100pips、負け平均が100pipsなら1、勝ち平均が200pips、負け平均が100pipsなら2となります。

この数字が大きいほど、勝ちトレード1回の利益が多いことになります

勝率とセットで考えるのが基本で、基本的に勝率を求めると損益比率が下がる、勝率が低くてもいいなら損益比率が上がるというように、両者は反比例する関係にあります

プロフィットファクター(PF)

総利益÷総損失で求められます。1より大きければトータルで利益、小さければトータルで損失になっています。まずはこれが1以上であることが、その自動売買を運用するための最低条件となります

おすすめのプログラム系自動売買を紹介

プログラム系にはどんな選択肢があるのか、ピックアップしてご紹介します

みんなのシストレ(トレイダーズ証券)

みんなのシストレ① みんなのシストレ②

選ぶだけで自動売買ができる分かりやすく使いやすいプラットフォームが提供されています。プログラム系の自動売買としては、売買ロジックにしたがって取引する「プログラム」の他に、特定のトレーダーの取引を自動売買にした「個人」「法人」も選択できます

みんなのシストレ③

また、売買の方針が明らかにされたリピート系のプログラムも用意されており、こちらも選ぶだけで売買が可能。まさに総合的な自動売買のプラットフォームになっています。

みんなのシストレ④

さらに、自動売買を運用している「セレクター」の収益をランキング化しており、結果を出している上手な運用者のプログラム選びや資金配分などを、自分の自動売買に取り入れることもできます。

公式サイトへ

MT4によるEA(エキスパート・アドバイザー)運用

エキスパート・アドバイザー運用

MT4とは、ロシア製の総合的なFXプラットフォームで、特に自動売買が得意です。EAと呼ばれる自動売買のプログラムを入手して稼働させることで自動売買が実行できます。

MT4の注意点は、まずEAはほとんどの場合、有料で販売されていること。ただし世界中のトレーダーが競ってEA開発をしているため、選択肢は非常に幅広いです。

そしてEAの中身が商品そのものなので、どういうロジックで取引されるかを使用する側が知ることはできません。よって、バックテストと呼ばれる過去の相場に対してEAを動かした場合の結果を、どう分析して運用計画を立てるかが腕の見せどころ

EA運用は、投資家自身のパソコンにインストールされているMT4が常時稼働していることが条件です。そのため、本格的にやろうとすると、VPSと呼ばれるネット上の仮想デスクトップで動かす必要があるため、その費用が月に数千円程度発生します。

ですが、EAの運用にかかる取引コストはFX会社のスプレッドのみ。証券会社のプラットフォーム利用時に発生するような追加の手数料はありません。よって、大口の運用をする場合、EA購入費用やVPSの利用代金を考慮しても、EA運用の方がコストが安くなり、利益を出しやすいケースが多いです。

自動売買と裁量トレードを比較

自動売買と裁量トレードを、さまざまな観点から比較してみましょう。自動売買のメリット・デメリットを見えてくるはずです。

チャートへの拘束時間

すでに解説した通り、チャートに縛られないため、時間的な自由が大きいのは自動売買の明確なメリットであると言えるでしょう。

最初に必要な資金

少額投資が可能なFXは、いろいろある資産運用の中でも特に初期資金が少なくて済みます。1,000通貨取引なら、数万円もあれば一通りのトレードは可能です。

ただしこれは裁量トレードの場合で、自動売買は種類によっても変わってきますが総じて裁量トレードよりは初期資金が必要になります。

トレードの再現性

自動売買は再現性が高い特徴があります。これは、同じ設定や同じ資金で運用すれば、結果もまず同じになることを意味します。実際にインフルエンサーが自身の設定を公開し、そのフォロワーがそれを参考に運用して、結果を出しているという現象が見られます

彼らと同じ設定で運用をすれば同じ結果が出ますし、資金量だけを2分の1にすれば、損益も2分の1というような調整も可能です。

特にこの傾向は、リピート系自動売買で顕著です。リピート系は売買ロジックが完全公開されているため、投資家の判断と資金管理に間違いがなければ、高い確度で長期的なリターンを狙うことも可能です。

もちろん投資である以上、絶対はありません。自動売買で損失が出てしまうことも考えられますが、人にとっては、裁量トレードよりも自動売買の方が合っているかもしれません。

他トレーダーのランキング

FX会社も成績上位者の設定を公開

トラリピを提供しているマネースクエアでは、「トラリピマスターズ」というイベントを開催しています。こちらでは実際の運用で成績が良い方をランキング表示し、上位ランカーの設定や通貨ペアなどが公開されています。

これから自動売買を始める場合には、こういったFX会社が提供する情報も参考になるでしょう。

緊急事態の影響

自動売買は、どちらかというと一定のリズムで動いている相場に強い傾向があります。

標準的なボラティリティ(変動幅)、規則的な値動きに最適化されることが多いため、1年に一度あるかどうかの例外的な値動きには、うまく対応できないケースが見られます。近いところでは、2020年前半の新型コロナウイルスの影響による急激な変動が該当します。

対して裁量トレードは、その場その場で直近の値動きに最適化していくスタイルですから、例外的な相場に対して例外的な行動を取ることもできます。

ただ、そういった急変動時には裁量判断がいつも以上難しくなる部分もあり、腕の差、判断力の差で、収支にも大きな差がつく傾向があります。

なお、自動売買の一つの形態であるリピート系は、値動きをするたびにポジションを追加していくスタイルですから、急落や急騰があったあと、強制ロスカットを回避して元の位置に戻ってくれば、それまでに保有したポジションはあらかた利食いになるので、大きな利益になることもあります。

反射神経、操作能力

裁量トレードのスタイルにもいろいろありますが、短期トレードを繰り返す場合は、その時点での判断を常にしなければなりません。また素早い操作が必要になることもあるため、反射神経や素早い操作能力が必要です。いわばスポーツ的な能力が必要になるということです。

それに対して自動売買は、じっくり戦略を練る必要はありますが、瞬時の判断は求められません。

自動売買が絡んだ詐欺まがいの行為に注意

TwitterなどのSNS上で、FXの自動売買を放置するだけで爆発的な利益が出るような話で勧誘するケースには要注意です。

全てとはいいませんが、こういった発信の多くは、質が低いFXの自動売買にユーザーを誘導し、発生したトレードから紹介者が見返りを得るスキームであることが多いです。トレードさえしてくれれば結果はどうなっても良いので、過激なキャッチコピーで人を集めます。

FX全体や自動売買の仕組みをしっかり勉強し、こういった詐欺まがいの話に飛びつくことがないよう注意しましょう。

よくある質問

自動売買はいくらからできますか?少額でもできますか?

自動売買も裁量トレードと同様に「理論上の最低資金」と「現実的な運用を考えた資金」は異なります。理論上は数千円の少額からも始められますが、ロスカットのリスクを減らしつつ現実的な利益を狙っていくのであれば、数十万円~100万円以上の資金を考えておいた方がいいでしょう。

ちなみにマネースクエアのトラリピは、公式サイトで以下のような計算式を紹介し、いくつかの資金の目安を挙げています。仕掛ける本数やレンジ幅の設定によって必要資金は変わりますが、参考になるはずです。


仕掛けたい通貨ペアの現在レート×1,000×仕掛ける本数÷レバレッジ

  • 1ドル105円、本数50本、レバレッジ2倍の場合
    105×1,000×50÷2=262.5万円
  • 1ドル105円、本数50本、レバレッジ3倍の場合
    105×1,000×50÷3=175万円
  • 1NZドル70円、本数50本、レバレッジ2倍の場合
    70×1,000×50÷2=175万円
  • 1NZドル70円、本数50本、レバレッジ3倍の場合
    70×1,000×50÷3=87.5万

自動売買ツールは無料ですか?有料ですか?

現時点で、ほとんどの自動売買のツールは有料と考えていいでしょう。

まず、プログラムを使う際にスプレッドとは別に手数料がかかるか、スプレッド自体が裁量トレードより広くなっているケースがあります(つまり実質的なツール利用料)。FX会社が提供している自動売買は、ほとんどがこのタイプです。

もう1つはMT4の自動売買で、こちらはEAと呼ばれる自動売買のプログラムを有料購入することが普通です。そのかわり、売買ごとのコストは基本的に発生しません。

多少のコストを支払っても、なおリターンが得られる可能性があるのなら、積極的に自動売買を活用すべきといえます。

結局、自動売買と裁量トレード、どっちが勝てるの?

初心者はこういった質問で「明確な回答」を求めてしまいがちですが、FXに限らず全ての投資において、「他の投資より明らかに優れている」というものはありません。

重要なのは運用する人との相性で、投じられる資金や時間、目標とする利益、体力やITスキルなど、総合的に判断することで、本人が無理なく続けられる資産運用を選ぶことが重要です

また相場に拘束されがちな裁量トレードと、空き時間を作りやすい自動売買をどちらも行う考え方もあります。

リスクをかけすぎず、いろいろな商品を試してみると良いでしょう。

自動売買はスマホアプリでできるの?

この記事で紹介した、トラリピ、トライオートFX、ループイフダン、みんなのシストレは、スマホアプリでも設定や運用開始、口座の確認が可能です。

MT4にもスマホアプリはありますが、こちらでは自動売買はできません。ただし、同一のアカウントに複数の端末からログインして状況の確認はできるため、VPS上で動いている自動売買の口座確認はスマホアプリからでもできます。

まとめ

  • FXの自動売買は、大きく分けて「リピート系」と「プログラム系」がある
  • 国内FX会社が提供しているのはリピート系が多い
  • 自動売買は裁量トレードよりも資金が必要だが、再現性が高い

関連記事

時間アイコン 22.07.31

FXのレバレッジとは?何倍がいい?基礎知識と低リスク運用術を紹介

no-image

時間アイコン 22.07.31

楽天 FXの評判は?MT4が利用可能で取引でポイントも貯まる?

no-image

時間アイコン 22.07.27

FXのスキャルピングとは?スキャルピング向きな人・やり方を解説

no-image

時間アイコン 22.07.27

LINE FXの評判は?5000円プレゼントのやり方と特徴を解説

no-image

時間アイコン 22.07.03

FXプライムbyGMOの評判は?スキャルピングや約定力の魅力を解説!

no-image

TOP