楽天 FXの評判は?MT4が利用可能で取引でポイントも貯まる?

楽天FXは、MT4が使えることや、ハイスペックな取引ツールを提供しているのが魅力です。また取引することで楽天ポイントも貯まるので、「楽天経済圏」の利用が多い人にもおすすめのFX会社です。

楽天 FXの基本情報まとめ

楽天証券

取引開始に必要な資金
約5,000円
おすすめ
初期資金
2万円以上
(取引可能な最低資金ではなく、編集部の推奨する額です)
口座開設日数
最短即日(郵送無しOK)
スプレッド
米ドル/円0.2銭~
ユーロ/円0.5銭~
ポンド/円1.0銭~
スワップポイント
トルコリラ/円 10円
メキシコペソ/円 13円
南アランド/円 7円
*スプレッドは原則固定・例外あり
*スワップポイントは2022年7月22日の値
1万通貨取引
  • 会社名
    楽天証券株式会社
    登録番号
    関東財務局長(金商)第195号
    所在地
    東京都港区南青山2-6-21
    代表者
    代表取締役社長 楠 雄治
    資本金
    19,495百万円

    参照:公式サイト/公式サイト

    ※楽天 FXは「金融庁:登録等を受けている業者一覧」に掲載されているFX会社です。

楽天 FXの特徴を紹介

「楽天FX」は、ネット証券大手である楽天証券が提供しているFX取引サービスです。ショッピングモールの楽天市場をはじめとする「楽天経済圏」に属するFX取引サービスということもあってポイントシステムが充実しており、FX取引に対してポイントが付与され、さらにそのポイントを他の投資に利用できるのは独自の強みといえます。

楽天はIT企業グループでもあります。その強みは高性能かつ操作性に優れたパソコン向け、スマホ向けそれぞれの取引ツールにも表れています。

スプレッドやスワップポイントにおいてはFX専業の取引会社と比べてもそん色はないので、FXだけにスポットを当てても十分なスペックといえるでしょう。

参考:楽天ポイントの投資先

楽天 FX以外の会社を検討、もしくは比較したい方は、おすすめFX会社を比較している記事をご覧ください。

楽天 FXはこんな人におすすめ

「楽天経済圏」を利用している人

楽天FXを提供している楽天証券をはじめ、楽天トラベルや楽天モバイル、楽天銀行など「楽天〇〇」と名のつく企業群は「楽天経済圏」と呼ばれています。これら楽天系のサービスを利用すると付与される楽天ポイントは「楽天経済圏」のさまざまなサービスで利用できるのでポイントの価値が高く、FXだけでなくさまざまなサービスの利用を楽天系に集約するとオトク感が増します。

すでに他にも楽天系のサービスを利用している「楽天経済圏」の人は、楽天FXでも同様にポイントを貯めて活用することができます。

MT4の自動売買に興味がある人、利用したい人

MT4とは「Meta Trader 4」という取引プラットフォームの略称です。ロシアのメタクォーツ社が開発したソフトで、あらかじめ組んでおいたプログラムに従った自動売買をできることから、特に自動売買をする投資家から高い人気を誇っています。MT4が利用できる口座は外資系証券会社が大半なのですが、楽天FXは国内資本では珍しくMT4の利用が可能です。

そのため、MT4の自動売買に興味がある人、実際にやってみたいと考えている人にとって楽天FXは貴重な存在といえるでしょう。

取引ツールの性能にこだわりたい人

楽天は日本有数のIT企業グループです。そのため楽天証券は取引ツールの充実度に定評があり、その楽天証券が提供している楽天FXにも同様のことがいえます。パソコン向けには「MARKET SPEED FX」、スマホ向けには「iSPEED FX」という専用の取引ツールが用意されており、楽天FXの口座保有者は無料で利用できます。

初心者から本格的なトレードをこなす中上級者まで幅広い利用者のニーズに応えた使い勝手になっているので、取引ツールの性能でFX会社を選びたい人は必見です。


楽天 FXの評判・口コミは?

楽天 FXの口座を開設済で実際に運用歴のある方へアンケートを実施しました*。満足している・とても満足している人の割合が90%と、全体的な満足度は高いようです。

*クラウドワークスで実施。満足度を「とても満足している」、「満足している」、「普通」、「不満である」、「とても不満である」の5段階で調査。

  • 調査
    日時
    2022年7月15日~7月26日
    調査
    方法
    クラウドワークス
    調査
    対象
    ・18歳以上
    ・楽天 FXで直近1年以内にFX取引をした人
    有効
    件数
    10件

楽天 FXにの良い評判・口コミ

【30代男性/FX歴5年以上】
気取引をする度に楽天ポイントが貰えるので、普段から楽天ポイントを貯めている自分としてはとてもお得に感じます。また、やはり多機能なMT4を使えるのでツールの使い勝手は抜群ですし、情報量も多いので非常に取引しやすいです。

【40代男性/FX歴5年以上】
1000通貨からトレードができるのとスプレッドが比較的狭いという点がまず魅力的です。それから取引ツールが直観的に操作することができますし、テクニカル分析もしやすいため使いやすくなっています。さらにMT4も使うことができるのも気に入っています。

楽天 FXについての悪い評判・口コミ

【20代男性/FX歴1年未満】
楽天はスマートフォンでのアプリを主にしたものなので、パソコンで使うときに少し使いにくいのかなと私は思ってしまいました。また、タブレットで開こうとした時も、アプリが重たいのが少し気になるところだと思います。

楽天 FXのメリットとは?

楽天FXを利用することで得られるメリットは、主に6つあります。その6つは以下の通りで、いずれも他社と比較してもトップレベルのスペックです。ポイントシステムやMT4など楽天FXならではのメリットも見逃せません。これらのメリットについて1つずつ解説します。

取引で楽天ポイントが貯まる

楽天FXでは、FX取引をするごとにポイントが貯まります。10万通貨ごとに1ポイント貯めることができる楽天ポイントは実質的に1ポイント=1円の価値があります。先述の「楽天経済圏」を利用している人であれば楽天スーパーポイントの利用価値が高いので、よりメリットは大きくなるでしょう。

貯まったポイントで投資ができる

楽天FXで貯めた楽天スーパーポイントはオンラインショッピングモールの楽天市場での買い物に利用できることはもちろん、楽天FXを提供している楽天証券では国内株式、米国株式、投資信託、バイナリーオプションの投資にも使えます。楽天FXでの投資で貯めたポイントを別の投資に利用できることは資産形成の意味からも有益です。

MT4が利用可能

MT4が利用可能であることは楽天FXの大きな特徴です。すでに少し触れましたが、MT4は「Meta Trader 4」の略で、世界的に普及しているFXの取引プラットフォームです。テクニカル分析機能に優れていることや自動売買プログラムを稼働させられることで多くの投資家から人気を集めており、特に自動売買をしたい投資家にとっては必須のツールとなっています。

MT4を利用できるFX会社は外資系、もしくは海外FX会社が多く、国内資本でMT4が利用できて、チャート機能だけでなく注文までできるという意味で楽天FXは貴重な存在です。

スプレッドが業界最狭水準でアプリも使いやすい

スプレッドはFX取引の実質的な手数料です。売りと買いのレート差がコストとなるためスプレッドが狭くなるほど取引は低コストになります。楽天FXは米ドル/円が0.2銭、ユーロ/円が0.5銭、ポンド/円が1.0銭といったように業界では最狭水準のスプレッドとなっており、コスト面でもそん色のないFX取引サービスといえます。

手数料コストが安いことは初心者だけでなく、頻繁にトレードを繰り返す中上級者にとっても重要です。これまでにも楽天FXは業界最狭水準のスプレッドを提示してきているので、「楽天FXを利用している=業界最狭スプレッド」であると考えてよいでしょう。

楽天FXのスプレッド

情報収集に力を入れておりFXの勉強環境が整っている

楽天FXを提供している楽天証券は投資や資産運用などに関する情報の発信に力を入れており、「トウシル」という自社メディアを運営しています。この「トウシル」ではFXだけでなく幅広い投資関連の記事が随時配信されているので、投資家としての知識向上に役立ちます。

FXは外為相場のことだけを学べば勝てるものではないので、FXや外為以外の知識を効率よく高められるのはとても有益です。

レバレッジコースを選択できる

レバレッジを利用できることはFXの魅力のひとつですが、レバレッジを高くしすぎることは投資のリスクを高めてしまいます。日本国内ではレバレッジの上限が25倍なので、楽天FXでも口座開設当初はレバレッジの上限は25倍に設定されています。これだと知らず知らずのうちにレバレッジを高くしてしまい、リスクの高いFX取引になってしまうことが心配という人のために、楽天FXにはレバレッジコースといってレバレッジの上限を自分で設定できる機能があります。

「レバレッジ10倍コース」であれば上限は10倍、「レバレッジ5倍コース」であれば上限は5倍といったようにコース設定によってレバレッジの上限が決まるので、意図しないハイレバレッジ取引になってしまう不安を解消できます。

資金管理はFXで失敗しないために極めて重要な概念ですが、自分でうまく管理する自信がない初心者には利用価値の高い機能といえます。

楽天FX レバレッジ

楽天 FXのデメリットとは?

メリットが多く、さまざまなスペックがFX業界の最高水準である楽天FXにはデメリットらしいものが見当たりません。そんな中で強いていえば…と考えられるデメリットを2つ紹介します。

楽天経済圏の人でなければメリットが減ってしまう

楽天FXでは取引をするごとに楽天ポイントを貯められるので、「楽天経済圏」の人にはメリットが大きいと述べました。これは裏を返すと、「楽天経済圏」以外の人にとってはメリットが薄れてしまうことを意味します。楽天FX以外に楽天系のサービスを使わない人にとってはポイントの使い道が少なくなってしまうため、「楽天経済圏」ならではのメリットを活かしきれないかもしれません。

口座開設条件として保有資産の条件が記載されている

楽天FXの口座開設ページには、口座開設基準として「100万円以上の金融資産を保有している」という一文が明記されています。

とはいえ口座開設の審査に、金融資産の状況を証明する手続きは設けられていないので、その判断は申し込む人に委ねられる形になっています。

FXは10万円程度の少額であっても始められることがメリットのひとつですが、楽天FXはあまり少額取引には積極的ではないのかもしれません。

楽天FX 口座開設基準

楽天 FXの口座開設キャンペーン

楽天FXには新規口座開設した人に向けたキャンペーンがあります。最大40万円のキャッシュバックがあるので、これから口座開設をする人はぜひチェックしてください。

取引量に応じて最大40万円キャッシュバック

楽天FXで新規に口座開設し、口座開設月から起算して翌々月までの期間に行った取引数量に応じて、キャッシュバックされるキャンペーンがあります。キャッシュバックの金額は最大40万円。それぞれの取引数量に対するキャッシュバック金額は以下の通りです。このキャンペーンはエントリーが必要なので、新規口座開設したら忘れずにエントリーしておきましょう。

取引数量(以上~未満) キャッシュバック金額
100万~500万通貨未満 1,000円
500万~1,000万通貨未満 5,500円
1,000万~2,000万通貨未満 12,000円
2,000万~5,000万通貨未満 25,000円
5,000万~20,000万通貨未満 60,000円
20,000万~30,000万通貨未満 120,000円
30,000万~40,000万通貨未満 200,000円
40,000万~50,000万通貨未満 300,000円
50,000万通貨以上 400,000円

楽天 FXのツールを解説

IT企業グループの一員だけあって、楽天証券は取引ツールやアプリの開発力に定評があります。ここでは楽天証券が提供している楽天FXに絞って、取引ツールやアプリの充実ぶりを紹介します。

世界中に投資家に人気のMT4が利用できる楽天MT4

楽天FXでMT4が利用できることは、すでに何度か述べてきました。MT4(Meta Trader 4)は世界的に高い人気を誇るFXの取引プラットフォームで、MT4向けに開発されたテクニカルチャートや自動売買プログラムは膨大な数に及び、楽天MT4ではこれらの機能をすべて利用できます。

後述しますが、日本国内には他にもMT4を利用できるFX会社はあります。しかし、利用できるのはMT4のチャート機能のみということも多く、MT4で売買注文もできるのは楽天FXの大きなメリットです。もちろん、EAと呼ばれるMT4向けの自動売買プログラムを導入してFXの自動売買をすることも可能です。

楽天独自開発画面サークルメーターが魅力のスマホアプリi SPEED FX

「iSPEED FX」は楽天FXで利用できるスマホ向け取引アプリです。さすがIT企業グループと思わせるほど独創的なアプリに仕上がっており、その中でも「サークルメーター」というクルマのメーターパネルをイメージした画面がユニークです。クルマの運転をしたことがある人であれば直感的に相場の温度を掴み、売買注文に反映することができます。

iSPEED FX

スマホアプリは画面の小ささがネックですが、その小さな画面をフルに活かした4画面同時表示や、豊富なテクニカルチャート機能により、パソコンに引けを取らない取引環境が手に入ります。

40種類のテクニカル指標搭載のパソコン版取引ツールMARKETSPEED FX

楽天FXでは、パソコン向け取引ツールも充実しています。楽天FXのパソコン向け取引ツール「MARKET SPEED FX」はテクニカルチャート機能がとても優れており、使用できるチャートは約40種類。豊富なチャートの中から自分に合ったもの、使いやすいものを選べます。

パソコン環境のメリットは、大きな画面をフルに活かして自分の使いやすい取引画面を組み立てられること。この「MARKET SPEED FX」はカスタマイズ性に優れており、簡単なマウス操作だけで思い通りの取引画面を組み立てられます。投資家にとって取引ツールは「武器」なので、一番使いやすい「武器」を組み立てて勝率アップに役立ててください。

MARKETSPEED FX

ダウンロード不要のPC向けウェブブラウザツール楽天FX-WEB

多機能であるがゆえに専用の取引ツールが注目されがちな楽天FXですが、インストールをしなくてもすぐに利用できるウェブ版の取引ツール「楽天FX-WEB」も本格的なFX取引に十分耐えうる機能と使い勝手を有しています。

ツール画面上に情報・チャート・ニュース・注文・口座といったタブ表示があるので目的の操作を見つけやすく、マニュアルを読み込まなくてもFX取引に必要な全機能を操作できます。ブラウザ版でありながらチャート表示は4画面まで同時表示が可能で、使用できるテクニカルチャートも主要なものは一通り実装されています。

楽天FX-WEB

楽天 FXの口座開設方法

楽天FXの口座を開設する手順を解説します。以下の手順通りに進めれば問題ありません。

口座開設申込〜取引開始までの流れ

楽天FXは楽天証券が提供しているサービスなので、すでに楽天証券に口座を持っているかどうかによって、手続きの流れが異なります。

すでに楽天証券の総合口座を持っている場合は、パソコン版の管理画面にログインした上で「マイメニュー」から申し込みをします。

楽天証券の口座がなく、初めて口座開設をする場合は楽天証券の総合口座を開設して、そこからFX口座を開設する手順を踏むのがよいでしょう。楽天証券にはFX以外にも豊富な投資商品のラインナップがあり、ネット証券の中でも手数料やサービスの充実などで評価が高いため、FX以外の投資に進出する可能性も考えて総合口座を開設しておくことをおすすめします。

楽天証券の口座開設から取引までの流れは、以下のとおりです。

  1. 楽天証券のホームページで必要事項を入力し、口座開設を申し込む
  2. 本人確認書類の提出(スマホで撮影、アップロード)
  3. 審査に合格すれば口座が開設される
  4. 銀行口座から資金を入金すれば、取引可能になる

本人確認書類の提出はスマホによる撮影とアップロードだけで完結できるので、書類をコピーしたり郵送をする必要はありません。この方法だと迅速に手続きを進められるので、おすすめです。

申込記載内容

ホームページから口座開設申し込みをする際には、以下の情報について入力を求められます。これらはいずれも入力必須項目なので、間違いのないようご注意ください。

  • 氏名
  • 住所
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 勤務先
  • 収入
  • 投資経験の有無
  • 投資の目的

楽天 FXの取引方法

楽天FXでFX取引をするためには、「入金」「注文」「出金」の操作をマスターしておく必要があります。ここでは、楽天FXでこの3つの操作をする方法について解説します

入金のやり方

楽天証券ではリアルタイム入金といって、ネットバンキングが利用できる主な銀行の口座から入金操作をすると楽天証券の口座残高に即時反映させることができます。深夜の3時から朝の6時、15時30分から17時15分までなど、一部受付が停止される時間帯がありますが、それ以外であれば24時間いつでも入金可能です。

楽天FX 入金受付時間

入金方法はとても簡単。楽天証券の管理画面にログインして「リアルタイム入金」を選択し、振込先口座の選択と入金したい金額を入力するだけです。通常のFX口座は「楽天FX口座」、MT4の専用口座に入金する場合は「FX MT4口座」を選択します。同じFX口座であっても取り扱いが異なるので注意してください。

なお、楽天証券と同じ「楽天経済圏」である楽天銀行の口座からは、入金額の上限がありません(他行は1回あたり1,000万円まで)。その他にも楽天銀行と楽天証券口座を連携するサービス(マネーブリッジ)を利用すると、普通預金金利が高くなるなどの特典を受けられます。

注文のやり方

口座に必要な資金を入金したら、いよいよFX取引が可能になります。売買注文は各取引ツールから「注文」のタブやボタンなどを選択し、その次の画面から簡単に出すことができます。注文の際には、以下の項目を選択、入力します。

  1. 通貨ペア
  2. 売買種別(買い、売り)
  3.  
  4. 注文種別(※)
  5.  
  6. 注文数量
  7. スリッページ(対象となるレートからの許容誤差)
  8. 注文の期限
楽天FX 注文のやり方

上記の注文種別に米印を入れたのは、楽天FXには多様な注文方法があるからです。注文時に以下から選択します。

  1. ストリーミング
    成行注文。現行レートで発注する注文方法です。
  2. リーブオーダー
    指定したレートになったら発注する注文方法です。指値注文ともいいます。
  3. OCO
    条件の異なる2つの注文を同時に出す注文方法です。利益確定と損切りの注文を同時に出す場合などに利用されます。
  4. IFD
    1回目の注文が約定したら自動的に決済注文を出す、2段階の注文方法です。
  5. IFO
    1回目の注文が約定したら2回目の利益確定と損切りの注文を同時に出す注文方法です。IFDとOCOを組み合わせたもので、指値注文と利益確定、損切り注文を同時に出すことができます。

出金のやり方

楽天FXの出金方法は、入金と同様に楽天証券の管理画面から行います。出金画面では出金元口座を選択し、出金額を入力するだけです。出金先の口座欄にはあらかじめ設定しておいた口座が表示されています。出金した資金はその口座に入金されるので、出金指示をする前に出金先口座が設定されているか、その口座情報に間違いはないかを確認しておいてください。

楽天FX 出金のやり方

入金時と同様に、通常のFX口座である「楽天FX口座」と「FX MT4口座」は別の口座として取り扱われるので、出金元口座を間違えないように注意しましょう。

また、出金受付日と銀行口座入金日が表示されているので、出金指示を出したらそれがいつ入金されるのかも確認しておくとよいでしょう。

楽天 FXを他の大手FX会社と比較

楽天FXはとても完成度の高いFX取引サービスです。しかしFX業界には楽天FXに近い性質をもつFX会社が他にもあります。ここでは楽天FXに似たサービスを提供しているFX会社を2つ紹介します。

GMOクリック証券|大手証券会社でFXも取り扱いのある会社

FX業界にはFXを専業にしている会社と、総合的なサービスを展開している証券会社の2種類があります。楽天FXは楽天証券が提供しているサービスなので、大手ネット証券が展開しているサービスのひとつという位置づけです。これと同様にネット証券の大手であるGMOクリック証券にもFX取引サービスがあります。サービスラインナップはとても広く、GMOクリック証券に口座を開設するとさまざまな投資商品への投資ができます。

しかしその一方でGMOクリック証券はFXの最小取引単位が1万通貨なので、1,000通貨から取引が可能な楽天FXの10倍です。少額からFX取引をしたい人にとって、1万通貨からしか取引ができないのは難しさがあるかもしれません。

外貨ex byGMO|MT4が分析のみ利用なFX会社

日本国内資本でMT4が利用可能なFX会社は少ないと述べました。楽天FXはその中でもMT4でチャート分析だけでなく注文を出すことも可能な貴重な存在であるとも述べました。

GMOインターネットグループのFX会社である外貨ex byGMOは、国内資本の中でもMT4を利用できる数少ないFX会社です。ただし外貨ex byGMOではMT4のチャート分析機能しか利用できず、MT4から直接注文を出せません。発注ができないということは自動売買も不可なので、発注や自動売買も含めてMT4を利用したい人は、楽天FXを選択するのがよいでしょう。

よくある質問

楽天 FXはどんなトレーダーにおすすめですか?

やはり日常生活において、楽天経済圏のサービス利用が多い人におすすめです。また「MT4を使って取引をしたい」という人にも、楽天FXはかなり有力な候補になるでしょう。

楽天 FXのメリットとは?

取引で楽天ポイントが貯まること、貯まったポイントを別の投資に使えること、MT4を使っての発注や自動売買ができることなどは、楽天FXならではのメリットです。

また、スプレッドの狭さや取引ツールのスペック、情報力などもFX業界の標準~高水準なレベルと言っていいでしょう。

楽天 FXのデメリットとは?

上で触れているとおり、楽天FXのサービスは業界標準~高水準といったレベルにあるものが多いため、大きなデメリットがあまり見当たらないのも事実です。

強いて言えば、「楽天経済圏のサービス利用が少ない人はメリットをあまり享受できない」ことかもしれません。

口座開設に必要な書類は何ですか?

これはどこのFX会社でもおおむね共通しており、「本人確認書類(運転免許証など)」と「マイナンバー確認書類(マイナンバーカードなど)」が必要です。

口座開設に必要な書類については、以下の記事で詳しく解説しているので、そちらもご覧ください。

FXの口座開設は簡単?審査時に必要な書類と初心者が知るべき注意点

楽天 FXについてのまとめ

  • 楽天FXは、楽天経済圏の利用が多い人におすすめ
  • MT4を使って発注や自動売買ができるのも楽天FXならでは
  • スプレッドや取引ツールなど、サービスのさまざまなスペックも比較的高水準

関連記事

時間アイコン 22.07.31

FXのレバレッジとは?何倍がいい?基礎知識と低リスク運用術を紹介

no-image

時間アイコン 22.07.27

FXのスキャルピングとは?スキャルピング向きな人・やり方を解説

no-image

時間アイコン 22.07.27

LINE FXの評判は?5000円プレゼントのやり方と特徴を解説

no-image

時間アイコン 22.07.03

【初心者向け】FX自動売買とは?おすすめ口座を種類別に紹介!

no-image

時間アイコン 22.07.03

FXプライムbyGMOの評判は?スキャルピングや約定力の魅力を解説!

no-image

TOP