【世界10大リスク】中国ゼロコロナ政策の失敗はリスク大!?

毎年年初に発表されている、米国ユーラシアグループの世界の10大リスク
今年の第1位は「中国のゼロコロナ政策の失敗」を挙げています。

最近、天津市ではオミクロン株の感染者が発見されて議会の延期が決まっていますし、
昨年暮れからは、西安市。それから直近では安陽市が全市民を対象にロックダウンを実施しています。

依然として中国は世界の工場の位置をキープしていますので、
サプライチェーンへの影響がかなり心配されます。

来月には北京オリンピックも控えていることから、中国はこの考え方を変えるつもりは
ない様ですので、この動向には注意が必要かと思います。

今日のブログの内容を話してるYouTubeはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です